GSIX

Instagram

「銀座は夜の6時」

GINZA SIX のポッドキャスト

夜にしか言えないことがあり、
銀座でしか話せないことがある

銀座6丁目のどこかにある
“秘密のサロン”。
さまざまな文化人たちが集うその場所で、
夜な夜な繰り広げられる貴重なトークを
お楽しみいただける特別プログラム。
銀座を舞台にしたシークレットトーク。

豪華ゲストと贈る
GINZA SIX ポッドキャスト。
「銀座は夜の6時」を
是非、お聞き逃しなく。

CAST

“秘密のサロン”で働く人々

PROLOGUE

序章

銀座6丁目。秘密のサロン。
ここが私の職場。
「夜にしか言えないことがあり、
銀座でしか話せないことがある」
これはオーナーの口癖。
私はこの言葉を、 いろんな夜に
思い出すことになる。
このサロンで繰り広げられる、
ゲストのトークに耳を傾けながら……。

  1. 第3回ゲスト

    Part1: 5/6 (Fri) 18:00〜 /
    Part2: 5/13 (Fri) 18:00〜

    ベーシスト 休日課長 「dancyu」編集長 植野広生

    ベーシスト
    休日課長

    ×

    「dancyu」編集長
    植野広生

    • 休日課長

      休日課長(きゅうじつかちょう)
      ベーシスト

      1987年2月20日生まれ、埼玉県出身。大学時代にベースを始める。2012年「ゲスの極み乙女。」に加入。11年に東京農工大学大学院を卒業後、14年までは一般企業に勤めながらバンド活動を展開。17年に「DADARAY」、18年に「ichikoro」、21年に「礼賛」にベーシストとして加入。近年では趣味が高じて「食」関係の活動を行なっており、2020年11月に著書「ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん」(マガジンハウス)を出版、21年に同書が原案本としてドラマ化された。

    • 植野広生

      植野広生(うえの・こうせい)
      「dancyu」編集長

      1962年、栃木県生まれ。法政大学法学部卒業後、新聞記者を経て、出版社で経済誌の編集を担当。その傍ら、大石勝太(おおいし・かつた。「おいしかった」のシャレ)のペンネームで「dancyu(ダンチュウ)」「週刊文春」などで食の記事を手掛ける。2001年プレジデント社に入社。以来「dancyu」の編集を担当し、2017年4月に編集長就任。2020年より(月)~(金)放送「日本一ふつうで美味しい植野食堂by dancyu」(BSフジ)出演。その他、「情熱大陸」(毎日放送)、「プロフェショナル 仕事の流儀」(NHK)をはじめ、テレビやラジオに多数出演する。高知県の「土佐おきゃく大使」、宇都宮市の「誇れる宇都宮愉快市民」、栃木市の「ふるさと大使」を務め、地域の活性化にも着手。趣味は料理と音楽と言葉遊び。食と音楽のイベントを手掛けるなど幅広く活動する。著書に「dancyu“食いしん坊”編集長の極上ひとりメシ」(ポプラ新書)。

  2. 第2回ゲスト

    プロデューサー 砂原哲 空間デザイナー 谷川じゅんじ

    プロデューサー
    砂原哲

    ×

    空間デザイナー
    谷川じゅんじ

    • 砂原哲

      砂原哲(すなはら・さとし)
      KDDI サービス統括本部 5G・xRサービス戦略部 エキスパート

      1970年生まれ。2002年au Design projectを立ち上げ、INFOBARや、深澤直人氏、マーク・ニューソン氏、草間彌生氏とのコラボレーションモデルなど数多くの製品プロデュースを手がける。INFOBAR、talby、neon、MEDIA SKINがニューヨー ク近代美術館(MoMA)に収蔵されるなど、手がけた携帯電話・スマートフォンは国内外の美術館にコレクションされている。グッドデザイン賞金賞、DFAアジアデザイン賞大賞など受賞歴多数。2020年、5GやXR等の先端技術により文化芸術をアップデートするau Design project[Arts & Culture Program]を始動。東京国立博物館・文化財活用センターとの共同研究プロジェクト「5Gで文化財国宝『聖徳太子絵伝』- ARでたどる聖徳太子の生涯-」や彫刻家・名和晃平氏、GINZA SIXとのコラボレーションによる「Metamorphosis Garden_AR」を手がけるなどデザイン・アート・テクノロジーを横断する活動を展開している。

    • 谷川じゅんじ

      谷川じゅんじ(たにがわ・じゅんじ)
      スペースコンポーザー、空間デザイナー

      JTQ Inc.代表。1965年⽣まれ。2002年、空間クリエイティブカンパニー・JTQを設⽴。“空間をメディアにしたメッセージの伝達”をテーマに、 さまざまなイベント・商空間開発・都市活性化事業・地⽅活性化プログラム・企業ブランディング等を⼿掛ける。独⾃の空間開発メソッド「スペースコンポーズ」を提唱、環境と状況の組み合わせによるエクスペリエンスデザインは多⽅⾯から注⽬を集めている。主なプロジェクトとしてパリルーブル宮装飾美術館Kansei展、平城遷都1300年祭記念薬師寺ひかり絵巻、NIKE WHITEDUNK、YOHJI YAMAMOTO BRANDING、GINZASIXグランドオープニングセレモニー、東京ミッドタウン⽇⽐⾕LEXUSmeets…“HIBIYA”など。現在、CCCマーケティング株式会社チーフクリエイティブオフィサー(CCO)、⼀般社団法⼈MediaAmbitionTokyo代表理事、デジタルハリウッド大学大学院専任教授などを務める。

  3. 第1回ゲスト

    写真家 小林健太 写真家 細倉真弓

    写真家
    小林健太

    ×

    写真家
    細倉真弓

    • 小林健太

      小林健太(こばやし・けんた)
      アーティスト、写真家

      1992年神奈川県生まれ。東京と湘南を拠点に活動。主な個展に「#smudge」 ANB Tokyo(東京, 2021年)、「Live in Fluctuations」Little Big Man Gallery(ロサンゼルス、20年)など。ダンヒル、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションも話題となった。作品集に『Everything_2』(Newfave、20年)など。

    • 細倉真弓

      細倉真弓(ほそくら・まゆみ)
      写真家

      京都生まれ。立命館大学文学部、および日本大学芸術学部写真学科卒業。2021年には、ルイ・ヴィトン写真集「ファッション・アイ」シリーズ初の日本タイトルKYOTOでは、篠山紀信以来、2人目の抜擢となり話題となる。独特の着眼点、色彩感、そして作品がもつ美しさで世界が注目する写真家。

視聴方法

TOKYO FMの無料アプリ「AuDee(オーディー)」のほか、「Apple Podcasts」、「Spotify」、「Amazon Music」で視聴することができます。