GSIX

Instagram

Ironbark Grill & Barアイアンバーク グリルアンドバー

  • ジャンル モダン, オーストラリア料理
  • 価格の目安 平均単価:ランチ¥1,200¥5,000、ディナー¥500¥8,000

料理人

齋藤 拓也

少年時代から料理に親しみ、ホテルや新丸ビルの人気店で腕を磨く

1980年生まれ、三重県出身。子どもの頃から料理が好きで、両親が不在の時は兄弟のために食事をつくっていた。調理師専門学校を卒業後、パンパシフィックホテル横浜へ入社。宴会部門やレストランで経験を積んだ後、新丸ビルの【Salt by Luke Mangan】で10年間腕を振るう。2017年、【Salt grill & tapas bar】のオープンに伴い、現在に至る。

  • 専門ジャンル オーストラリア料理
  • 経験年数 19年

栗原 徹

豊富な経験を生かして、洗練された接客のプロに

1985年生まれ、埼玉県出身。バーテンダーのアルバイトを通して、接客の楽しさを実感。フレンチレストランでギャルソンなどを経験し、接客の腕を磨く。新丸ビルの【Salt by Luke Mangan】で店長を務めた後、2017年、系列店【Salt grill & tapas bar】の支配人に就任、現在に至る。

  • 専門ジャンル サービス
  • 経験年数 15年

自慢の一品

『南オーストラリア産パスチャーフェッドビーフ ピナクル』

パスチャーフェッドビーフとは、栄養価の高い牧草を食べて育った牛のこと。なかでも「頂上」を意味するピナクルは全体の5%しかない希少な牛肉で、まさに牧草牛の最高峰。赤身と脂の両方に旨みが凝縮されています。

こだわりの食材

プレミアムビーフをはじめ、オーストラリアの食材を積極的に活用

希少価値の高いプレミアムオージービーフをはじめ、オーストラリア産の食材を積極的に取り入れています。牛肉は牧草牛のほか穀物牛も厳選して使用。それぞれの肉質を見極めてグリルしています。

  • こだわり食材 牛肉全般