GSIX

Instagram
  • HOME
  • マガジン
  • 【親子で楽しむ自由研究】
    体験することで見えてくる、
    “現代アートの入り口”とは?

東弘一郎|美術家 × SCUOLA GINZA SIX

子どもたちに学びの場を提供するワークショッププログラム「SCUOLA GINZA SIX」の第2回目の講師として登場したのは、東京藝術大学大学院在学中の美術家、東弘一郎さん。

藝大卒展のために東さんが制作した「無限車輪」は、廃棄された自転車の車輪56個をつなげて人力で一斉に回すことができる作品です。この発想は、東さんの地道なフィールドワークから生まれたもの。活動拠点の地元を歩き、その過程で見つけたものからクリエイションを広げていったそうです。また、東さんは茨城県日立市大みか町で開催される「星と海の芸術祭」の総合ディレクタ―も務めていて、この企画では地域企業との協働や地域資源に焦点を当て、「まちでつくる、まちとつくる」をテーマを掲げています。アートをもっと身近にとらえてほしいという東さんが、子どもたちに伝えたい、体験することで見えてくる“現代アートの入り口”とは?

RELATED ARTICLES

Back To All